I2・BLOG

リモートPCミスターオンを提供する株式会社アイ・ツーのブログです。

まめや金澤萬久さんの節分豆で邪気払い

      2015/02/04


IMG_4363.JPG

本日2月3日は節分です。

節分は、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことで、年に4回ある季節の分かれ目のこと。今では、立春の前日の節分だけが風習として残っているそうです。

そんな節分の日は、邪気を払うべく豆まきをして、年齢の数だけ豆を食べなくては、ということで、豆菓子を扱う地元「まめや金澤萬久」さんのお豆で節分気分を盛り上げようと思います。

まめやの節分豆

「まめや金澤萬久」さんは加賀・能登産のこだわりの大豆、黒豆、小豆を利用したお菓子を提供している金沢の和洋菓子やさんです。

金沢市を中心に洋菓子店、レストランを経営する『ぶどうの木』さんが展開しております。

まめや金澤萬久さんといえば、豆のフォルムを表現した紙箱が特徴的。箱には季節の草花から、可愛らしいパンダシリーズなど、四季折々の絵柄があり、目でも楽しませてくれます。

この絵柄は石川県の伝統工芸である九谷焼の産地、九谷の職人がひとつづつ手作業で絵付けしているとのこと。シーズンごとに絵柄が変わるようで、限定のものあるようです。

今回は節分ということで、節分限定の節分豆に。

IMG_4371.JPG

 珠洲産「能登の黒豆」の炒り豆と金沢産の有機大豆「あやこがね」の炒り豆の2種類が入っております。

炒り豆ということで歯ごたえがよく、パソコンで疲れたときにうってつけです。

今回は節分豆ということでナチュラルで素材の味を活かした炒り豆でしたが、このほかにもチョコがけのお豆や能登大納言小豆と黒豆の甘納豆などなど様々な豆菓子がありました。

また、豆菓子のほかに金沢駅百番街の店舗で注目されていたのが、”金箔カステラ”でしたね。

金箔を贅沢に貼った「金のかすてら」

IMG_4365.JPG

 金沢といえば金箔!昔から伝統工芸が盛んで、金箔の99%は金沢で生産されています。

その金箔を贅沢にカステラ表面をびっちり覆っています。

なんとも見た目に華やかで、金沢らしいお菓子です!

この金のカステラもまめやさんの主力商品のようで、いつもは羊のカッティングはないのですが、こちらは2015年の干支・未のカットが入った遊び心あふれる商品でした。

こんなカットがされているカステラはめずらしい上、金箔が貼ってあるのでとても豪華。お年賀のおもたせとしてはかなり印象付けられそうな感じです。

ただ、もう2月なので来年のおもたせ候補として期待大です!

もちろん金沢のお土産としても活用できそうです。

まめや金澤萬久 (金沢駅 金沢百番街店)

住所:金沢市木ノ新保町1-1 (金沢百番街 あんと内)
電話:076-260-1080
営業時間:8:30~20:00

 - 北陸新幹線, 金沢観光 , ,